ソフトバンク光を設置する際にはntt機器が必要

ソフトバンク光を設置する際には、自宅にntt機器を設置する必要があります。

ソフトバンク回線なのに、ntt機器を利用しないといけない点に疑問を感じる方は多いでしょう。

ソフトバンク光では、NTTの回線を利用しているため、設置にあたっては、自宅にntt機器を設置する必要があるのです。ここでは、ソフトバンク光を設置する際にntt機器を設置する理由を紹介します。

ソフトバンク光はNTT回線で提供されている

ソフトバンク光はNTT回線を利用して実現している光回線サービスです。ソフトバンクの回線を契約したのに、自宅にntt機器が設置されていることが気になっている方もいるでしょう。ONUと呼ばれるntt機器は、モデムとも呼ばれ、光回線を通じて送信されて来た信号を変換する役目を担っています。

ソフトバンク光は、光コラボレーションと呼ばれる形式の回線供給サービスにより実現されています。光コラボレーションと呼ばれるNTTの光回線を他事業者が提供する仕組みは、ソフトバンクを始めとして、多くの事業者が活用しています。

光回線と言うと、NTTが提供するフレッツ光をイメージする方が多いものです。NTTが提供するフレッツ光は、全国で接続できるほど、広域をカバーしている点が魅力の光回線です。ソフトバンク光は、NTTの光回線を利用していますので、全国での快適な利用が可能になっているのです。

ソフトバンク光を設置するまでの流れ

ソフトバンク光は、固定回線であるため、自宅に設置するには、工事を行う必要があります。ソフトバンク光を設置して、快適なインターネット接続の実現を考える方でも、実際にどの程度の時間が掛かるか気になる方は多いでしょう。

戸建てであっても、マンションであっても、光回線を利用するためには、敷地内に光ファイバーケーブルの引き込みが必要になります。戸建ての場合には、電柱から光回線を引き込むにあたり、外壁に穴を開ける工事が必要になります。

工事にかかる時間は、短い場合で半日程度と短い時間で済む場合も多く、工事に立ち会う時間も長くはありません。マンションなど集合住宅の場合には、既に回線が引き込まれているケースもあり、光回線を設置するにあたって工事を行う必要がない場合もあります。

ソフトバンク光の申込み手順

ソフトバンク光を契約することを決めた場合には、申込みの手続きに移ります。インターネット上の公式サイトを見ると、自宅が光回線が設置可能なエリアであるかが伺えます。申込みを進めるにあたり、自分の住んでいるエリアが光回線の設置可能エリアであることが確認できた場合には、申込みの手続きに移っていきます。

光回線を初めて設置する場合には、光コンセントの設置など、付帯する工事が伴っていきます。集合住宅などでは、予め光コンセントが設置されている場合もありますから、事前に確認しておくのが良いでしょう。申込みを行った後は、工事日程の選定に移ります。

工事を行う日程は、担当者の手配などが伴うため、2週間から一ヶ月程度先になっていきます。急ぎで光回線を設置したいと考えている方は、早めに申込みを行うのが良いでしょう。

既設の光回線からの乗り換え

フレッツ光のような、既に光回線を導入している方の場合には、ソフトバンク光の設置の際に工事費用がかかることはありません。担当者が工事を行う際に立ち会う必要もなく、ソフトバンクのホームページから乗り換え手続きを行うだけで、ソフトバンク光の利用が可能になるのです。

スマートフォンを乗り換える場合と同様な手続きで、ソフトバンク光への乗り換えが可能になるのです。転用承諾番号と呼ばれる乗り換え承諾番号を、NTTのホームページ上から取得した後は、ソフトバンク光の公式ページや、代理店から申込みを行えば良いのです。

ソフトバンクの代理店によっては、乗り換えを行うことでキャッシュバックが付与される場合もあります。乗り換えの場合には、回線工事が伴わない場合も多いですから、申込みが終わってから2ヶ月程度でキャッシュバックを受けられるようになります。

ソフトバンク光を利用するメリット

ソフトバンク光を契約することで、高速なインターネット接続が利用できるようになるだけではなく、割引サービスや、オリジナルコンテンツの利用など、様々なサービスが利用できるようになります。ソフトバンクのスマートフォンを契約している方は、光回線を契約することにより、おうち割が適用されるようになります。

スマートフォンと光回線を個別に契約するよりも、月額にして1,000円程度安くなり、月の通信費を大きく削減することが可能になります。ソフトバンク光を契約することにより得られるメリットは、スマートフォンなどの通信端末の利用料金が安くなるだけではなく、衛星放送の受信料金が安くなるなど、様々なメリットがあります。

キャッシュバック同様に、代理店によって付加されているサービスは違っています。ソフトバンク光の契約を考える際には、光回線を設置することにより得られる特典を確認しておくのが良いでしょう。

ソフトバンク光を解約する流れ

ソフトバンク光を設置しても、事情が変わってしまい、解約を考える必要が出る場合があります。解約を行う際には、ソフトバンク光に対し、契約者本人が電話で依頼することが必要です。解約の際には、回線を設置するにあたり借り受けた接続機器をすべて返却する必要があります。

返却の際に気を付けなくてはいけない部分が、ソフトバンクに返却を行わなくてはいけないものと、NTTに返却する必要がある点です。回線の設置に必要な機器を、すべて同じダンボールに梱包したりせずに、事前に仕分けを行っておくことが大切です。

解約の手続きが完了するには、一週間程度の時間が掛かってしまいます。月末近くに解約する場合には、解約が完了するまでに月をまたいでしまうなど、余分な料金を支払う事態に陥る場合もあります。月額料金以外にも、契約期間が短い場合には、違約金を徴収される場合もあります。

ソフトバンクに解約手続きの問い合わせを行う際に詳細を伺っておくことが大切です。

ソフトバンク光はNTT回線の光コラボで提供される通信サービス

ソフトバンク光は、NTT回線の光コラボにより提供される通信サービスです。契約の際には、NTTの光回線を引き込む形になりますから、ntt機器を自宅に設置することになります。

契約するにあたっては、キャッシュバックや割引など様々なサービスを受けられます。全国各地で高速なネット接続の実現が可能になる回線サービスとして人気です。

参考元>ソフトバンク光(SoftBank光)キャッシュバックキャンペーンhttps://ns-softbank-hikari.com